読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

得北

得北(とくきた)は、道民が得する北海道の情報や節約、倹約、便利技、裏技を紹介する情報サイト。収入は同じでも支出を減らせばお金も時間も多くのゆとりに。

 

読書通帳は図書館で借りた本の履歴を記帳して残せる図書サービス

図書館

図書館通いが楽しくなる読書通帳。設置先は今後増加傾向に。

 読書通帳は、図書館で借りた本の記録を利用者自身の手で読書通帳機に通帳を入れ貸出履歴として記帳できるものです。今まで読んだ本、これから読む本が、読書履歴として目に見える形で手元に残る事で、読書意欲も高まります。この読書通帳機は、タッチパネルモニターで小さな子供でも簡単に操作できるのが特徴で親子で図書館へ行くのが楽しみになります。

 北海道内では、2015年にリニューアルされた斜里町立図書館をはじめ、美瑛町図書館に読書通帳機を設置しています。まだ始まったばかりの読書通帳ですが、2015年11月に新しい読書通帳機が販売され、わが町へと設置の高まる期待と関心から、北海道内全国の市町村の公共図書館をはじめ学校図書館へも展開が予想されます。

 自分の読んだ本を読書通帳に記録して、世代を超えて、子、孫と受け継がれていく記録にもなります。

f:id:tokukita:20151118160056p:plain

 

 

読書通帳の主な特徴

  • 読書通帳への記帳は、銀行ATMで預金通帳へ記帳するようにタッチパネル方式。子供でも簡単に操作できるので読書意欲が高まります。もっと読みたいにつながります。
  • 図書館システムと連携された貸出データを利用しているので便利。
  • 読書通帳には、貸出日や書籍名が印字されるので、あの時読んだ本と思い出作りにもなります。今まで何冊読んだか、前に借りた本をもう一度読み返したい、あの本の著者の他の本を読みたいなど幅広く利用できます。
  • 読書通帳機の新型端末が2015年11月に発売されたので、全国的に急激な普及が見込まれます。
  • 読書通帳は図書館や自治体ごとによってオリジナルデザイン、つまりご当地デザインの通帳です。

 

読書通帳の交付対象者と料金

読書通帳を発行している公共図書館によって交付対象者や料金が異なります。基本的に図書館がある市町村内に在住している方を対象としている場合が多いです。交付料金は、子供から大人まで無料という図書館もあれば、1冊200円~300円前後で販売、学生や就学前の幼児は無料という場合も多いようです。

 

北海道内の読書通帳がある図書館一覧

美瑛町図書館

北海道美瑛町幸町1丁目1-10 TEL:0166-92-1251

http://library.town.biei.hokkaido.jp/

美瑛町図書館の読書通帳は、日本を代表する風景写真家「前田真三」氏の作品です。

f:id:tokukita:20151118111432p:plain

斜里町立図書館

北海道斜里町本町42 TEL:0152-23-3311

https://www.town.shari.hokkaido.jp/05institution/10kyouiku_bunka/catetemp3_institution/menu.html

斜里町図書館の読書通帳は、斜里町在住の絵本作家「あかしのぶこ」氏のデザイン。

f:id:tokukita:20151118111622p:plain

 

全国の読書通帳がある図書館一覧

埼玉県
富山県
岐阜県
長野県
静岡県
大阪府
兵庫県
山口県
香川県

 

読書通帳の使い方

読書通帳は、銀行ATMで預金通帳に記帳するのように借りた本の書名と日付を記録してくれます。読書通帳にICタグが貼付されていて、そこから個人認証を行い読書通図書館システムと連携して貸出データが印字される仕組みです。通帳には、図書館により異なりますが、貸出日、書籍名、著者名など印字されます。

f:id:tokukita:20151118105213p:plain

 

読書通帳機

読書通帳機を手掛ける内田洋行では、通常の「読書通帳機」の他に、「読書通帳機mini」の2種類の端末がありますが、どちらも機能は同じです。2015年11月より発売された読書通帳機miniは、従来から発売されていた読書通帳機スタンダードモデルをコンパクト化かつ低価格帯になった事で、図書館のカウンター上などにも設置が可能になった事から、全国の図書館への普及が期待できます。

読書通帳機

f:id:tokukita:20151118102701p:plain

読書通帳機mini

f:id:tokukita:20151118103523p:plain

 

読書通帳の関連動画

読書通帳機の紹介

読書通帳ユーザーインタビュー

 

協力:株式会社内田洋行 観光自治体ソリューション事業部様

掲載している情報は執筆時及び更新時での情報となります。仕様やサービス変更により最新の情報が異なる場合がございますので、事前に最新情報を確認願います。また、文章及び画像等含む全ての著作物の盗用を固く禁止致します。