読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

得北

得北(とくきた)は、道民が得する北海道の情報や節約、倹約、便利技、裏技を紹介する情報サイト。収入は同じでも支出を減らせばお金も時間も多くのゆとりに。

 

ホーマックのリサイクルステーションに資源物持込して商品券へ交換

リサイクル・不用品

資源物200ポイントでホーマック商品券200円分に交換。

ホーマック(Homac)の敷地内駐車場に設置しているリサイクルステーションは、DCMホーマックとマテックが共同で運営する無人の資源物回収施設です。受付機のタッチパネルで受付をして資源物を指定の回収ボックスへ投入すると簡単です。新聞や雑誌、ペットボトルなど資源物の種類と重量又は個数に応じてリサイクル貢献度(=ポイント)が付与されて、200点に達するごとにDCMホーマックで利用できる200円分の商品券に交換できます。

現在は、札幌市、江別市、音更町のホーマックで展開していますが、じゅんかんコンビニ24と同様に設置店舗が拡大しています。

f:id:tokukita:20150511111554j:plain

 

 

回収品目

  • 新聞・雑誌
  • ダンボール
  • 紙パック(洗浄した牛乳パックなど)
  • 金属類
  • スチール缶
  • スチール缶
  • アルミ缶
  • ペットボトル
  • 携帯電話
  • パソコン本体
  • 小型家電

受け入れできない品目もあります。

http://www.matec-inc.co.jp/recyclestation/pdf/item-list.pdf  (PDF)

 

リサイクル貢献度(=ポイント)と来店ポイントの付与について

リサイクル貢献度が200点に達するとレシートが発行され、簡単なアンケートの回答と必要事項を記入して、ホーマックのサービスセンターで商品券と引換できます。

リサイクル貢献度
  • 金属製品・スチール缶
    北海道の条例によりリサイクル貢献度の付与なし
    。ただし、1kg以上投函すると来店ポイントとしてリサイクル貢献度が10点が付与。
  • アルミ缶
    北海道の条例によりリサイクル貢献度の付与なし。ただし、0.1kg以上投函すると来店ポイントとしてリサイクル貢献度が10点が付与。
  • 新聞・雑誌・ダンボール
    1kg 4点
  • ペットボトル
    1kg 10点
  • 小型家電
    計量機の仕様によりリサイクル貢献度の付与なし。ただし、1kg以上投函すると来店ポイントとしてリサイクル貢献度が10点が付与。
  • 携帯電話
    1台 60点
    ※DCMホーマック上江別店のみ1kg300点
  • パソコン本体
    1台 30点
    ※DCMホーマック上江別店のみ1kg5点
来店ポイントについて

下記のいずれかの条件を満たした場合に来店ポイントとして、1日1回までリサイクル貢献度が10点が付与されます。

  • 金属製品または小型家電を1kg以上投函した場合
  • アルミ缶を0.1kg以上投函した場合
  • 金属製品・小型家電・アルミ缶以外の品目の持込でリサイクル貢献度を獲得した場合

 

リサイクルステーションの会員カードと作成方法

18歳以上の方がリサイクルステーションの会員カードを作成できます。会員カードを作る際に会員登録は不要です。リサイクルステーションの会員カードは、複数カードのリサイクル貢献度(=ポイント)の合算や移行はできません。カードの有効期限は最終利用日から2年間です。紛失や破損の場合は、再発行は受け付けておらずポイントが消滅します。

  1. 受付室に入る。

    f:id:tokukita:20150511120044j:plain

  2. 室内にある受付機のタッチパネルにタッチする。f:id:tokukita:20150511114038j:plain
  3. 「初めてご利用になるお客様はここをタッチして下さい」を選択。

    f:id:tokukita:20150511114254j:plain

  4. 「18歳以上ですか?」ではいを選択。

    f:id:tokukita:20150511114137j:plain

  5. 「会員カードを発行しますか?」ではいを選択。

    f:id:tokukita:20150511114355j:plain

  6. 発行手続き中の画面が表示されます。

    f:id:tokukita:20150511114438j:plain

  7. 受付機から会員カードが発行されます。

カード表面

f:id:tokukita:20150511111534j:plain

カード裏面

f:id:tokukita:20150511111910j:plain

 

リサイクルステーションの利用方法と資源回収方法

  1. 資源物を用意する。
  2. 受付室内にある受付機のタッチパネルにタッチする。

    f:id:tokukita:20150511120245j:plain

  3. 「会員カードを持っているお客様はここをタッチして下さい」を選択。

    f:id:tokukita:20150511120337j:plain

  4. 「古紙・金属製品・小型家電・アルミ缶・ペットボトル」または「携帯電話・パソコン」の受付開始ボタンを選択する。

    f:id:tokukita:20150511120435j:plain

  5. 会員カードを読み取り部にタッチする。

    f:id:tokukita:20150511120538j:plain

  6. 「家電リサイクル法対象品持込禁止を確認して「同意する」を選択。

    f:id:tokukita:20150511120622j:plain

  7. 計量器の準備が始まります(自動)。数秒後に、計量器の準備が完了して画面が切り替わります。

    f:id:tokukita:20150511120711j:plain

  8. 資源物の種類ごとに資源物を回収ボックスに投入します。10分以内に自動終了します。
  9. 投入完了後、受付開始機の「投入完了ボタン」を選択。

    f:id:tokukita:20150511120900j:plain

  10. 「計量を完了しますか?」と表示され、それぞれの付与ポイントが表示されるので「はい」を選択。

    f:id:tokukita:20150511121002j:plain

  11. リサイクル貢献度を計算中(自動)が表示されます。

    f:id:tokukita:20150511121057j:plain

  12. 資源物の重量または個数によってリサイクル貢献度の付与されます。これで終了です。

    f:id:tokukita:20150511121200j:plain

 

受付室と回収BOX

リサイクルステーションの受付室

f:id:tokukita:20150511121309j:plain

アルミ缶とペットボトルの回収ボックス

f:id:tokukita:20150511121408j:plain

左から金属製品・スチール缶、ダンボール、新聞、雑誌の回収ボックス

f:id:tokukita:20150511121453j:plain

デスクトップパソコン本体、ノートパソコン本体、携帯電話の回収ボックス

f:id:tokukita:20150511121534j:plain

 

リサイクルステーション設置店舗

札幌市
  • DCMホーマック篠路店 札幌市北区篠路1条1丁目1-10
  • DCMホーマック西岡店 札幌市豊平区西岡1条8丁目8-1
  • DCMホーマック真栄店 札幌市清田区真栄4条2丁目1-10
  • DCMホーマック発寒追分通店 札幌市西区発寒9条14丁目516-210
  • DCMホーマック藤野店 北海道札幌市南区藤野2条4丁目1-1
江別市
  • DCMホーマック上江別店 江別市上江別430-19
千歳市
  • DCMホーマック富士店 千歳市富士4丁目1-4
苫小牧市
  • DCMホーマック苫小牧弥生店 苫小牧市弥生町1丁目9-8
音更町
  • DCMホーマック音更店 音更町木野大通東12丁目2-12

 

冬でも除雪されているので安心。

ホークック敷地内ということもあり、冬でもきちんと除雪されています。

f:id:tokukita:20150526092445j:plain

 

注意事項

マテックが運営する24時間無人資源回収施設「じゅんかんコンビニ24」と若干サービス内容が異なります。また、ホーマックリサイクルステーションの会員カードと付与されるリサイクル貢献度も異なります。

f:id:tokukita:20150511114602j:plain

 

関連ページ

www.tokukita.jp

 

追記情報

2015/9/30 「DCMホーマック苫小牧弥生店」を追加させて頂きました。

2016/2/19 「DCMホーマック藤野店」を追加させていただきました。

掲載している情報は執筆時及び更新時での情報となります。仕様やサービス変更により最新の情報が異なる場合がございますので、事前に最新情報を確認願います。また、文章及び画像等含む全ての著作物の盗用を固く禁止致します。