読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

得北

得北(とくきた)は、道民が得する北海道の情報や節約、倹約、便利技、裏技を紹介する情報サイト。収入は同じでも支出を減らせばお金も時間も多くのゆとりに。

 

年賀はがきは金券ショップでお得に割引購入

切手・葉書

札幌駅周辺をはじめ北海道内にも金券ショップが多数点在。

 毎年発売される「年賀はがき」ですが、郵便局で定価で購入するのが一般的な購入方法ですが、金券ショップで購入することにより、1枚52円の年賀はがきを48円~50円前後の相場で購入する事が可能です。年賀はがき発売当初から金券ショップに持ち込まれる大量の年賀はがきは、無地・インクジェット・キャラクター絵柄と各種販売しています。

f:id:tokukita:20151212103232j:plain

 

 

年賀はがき購入のポイント

金券ショップでの年賀はがき相場

金券ショップが多く競争が激しい札幌駅周辺や店頭での在庫状況によって異なりますが、北海道内の年賀はがき相場は、1枚48円~50円ほどです。年賀はがき100枚を郵便局で購入した場合は5,200円(100枚×52円)ですが、金券ショップで48円で購入した場合は4,800円(100枚×48円)となり、400円安く購入できる計算となります。9%以上の割引価格で購入できるということになります。

購入する枚数によって異なります。

基本的に1枚のバラ売りでは販売していない事も多く、10枚単位での販売が多い傾向ですが、購入する年賀はがきの枚数が増えれば1枚1円程度安くなる場合があります。200枚以上、1000枚以上などになってくると安くなる傾向ですので、まとめて購入する事をオススメします。

f:id:tokukita:20151212103312j:plain

時期が遅いほど店頭価格が下がる傾向。

年賀はがきは、郵便局窓口での販売開始とともに金券ショップでは買取開始します。販売当初は、50円程度で販売されていた年賀はがきも、年賀はがきが一番売れる12月の2週目から3週目を過ぎると、金券ショップは店頭価格が調整する傾向にあります。金券ショップが休業する年末年始や、現金商売であるため現金確保のため年賀はがきの大量在庫は避けたいものです。 こういった事から、12月末にかけては販売価格が下がります。特にクリスマスを過ぎると更に相場は下がります。

支払い方法は現金のみ。

金券ショップで年賀はがきを購入する場合は、郵便局窓口同様に「現金」での支払いのみです。領収書が必要な場合も発行してくれます。

余った年賀はがきは切手にも交換可能。

年賀はがきを購入すると、1枚2枚など余りがちですが、毎年1月中旬に行われる「年賀はがきのお年玉賞品」の番号発表後は、郵便局窓口で1枚5円の手数料で、普通切手や通常ハガキに交換できます。52円の年賀はがきは、1枚5円の手数料を現金で支払う事により52円の通常はがきに交換できる他、47円分の切手に交換可能です。

 

北海道内の金券ショップ

www.tokukita.jp

掲載している情報は執筆時及び更新時での情報となります。仕様やサービス変更により最新の情報が異なる場合がございますので、事前に最新情報を確認願います。また、文章及び画像等含む全ての著作物の盗用を固く禁止致します。