読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

得北

得北(とくきた)は、道民が得する北海道の情報や節約、倹約、便利技、裏技を紹介する情報サイト。収入は同じでも支出を減らせばお金も時間も多くのゆとりに。

 

外出先でスマートフォンの電池切れは街角充電スポットで対応

充電・電源

基本はキャリアの公式ショップで無料充電。

 電池消費の激しいスマートフォンは、外出先で突然のバッテリー切れがありがちですが、そんな時は街角充電を活用しましょう。充電ケーブルが持っていない場合でも、au・ドコモ・ソフトバンクなど公式ショップでの無料充電をはじめ、充電ボックス設置店を活用しましょう。

 注意したいのは、アプリなどでGPS機能を利用して充電スポットを検索する場合は、電池の消費が激しいので余裕をもって検索しましょう。

f:id:tokukita:20150330081002j:plain

写真はヨドバシカメラ札幌店の出入口ふ付近の充電ボックス

 

外出先・街角で充電できるスポット一覧

  • キャリアの携帯電話ショップ
    au、ドコモ、ソフトバンク以外にも、複数のキャリアを扱う携帯電話ショップなど幅広く全国各地にあります。ケーブル不要で無料充電というところがほとんど。
  • 充電ボックス設置店
    充電ケーブルがついているセルフ式充電ボックス。家電量販店やカラオケ店、居酒屋、商業施設、病院、ガソリンスタンド、パチンコ店、空港などに設置されています。無料と有料(300円10分など)の2種類。
  • 電源コンセント設置店
    スマホ充電器を持ち歩きしていて、ファーストフード店やコーヒーチェーンに立ち寄ったら節約ついでに電源席で充電もしましょう。
  • ネットカフェ・漫画喫茶
    専用席で雑誌や漫画を読みながらスマホを充電。中には充電器を貸し出ししている店舗も。
  • アットステーション
    100円のコイン式パソコンでインターネット利用しながらついでにスマホの充電。

 

携帯電話公式ショップで充電

 まずはココ。充電ケーブルを持っていなくても、ショップの営業時間内であれば、無料で充電できるキャリアの公式ショップ。au、ドコモ、ソフトバンクともに、多くの店舗で無料充電サービスを実施しています。今のスマートフォンは充電部分のコネクト部分が同一なので基本的にどのキャリアを持っていても充電が可能です。

 また、au、ドコモ、ソフトバンクといった公式ショップ以外で、複数の公式キャリアを扱う携帯電話ショップ(いわゆる代理店)で充電サービスを行う店舗も多い。

 google mapなどで、「auショップ」・「ドコモショップ」・「ソフトバンクショップ」を検索できますが、GPSは電池消費が大きいので注意が必要です。電池が空の状態の場合は、交番や駅などで最寄りの携帯電話ショップを聞いてみましよう。

各キャリアの店舗検索

auショップ

http://cs-ez2.au.kddi.com/auShopOut/

ドコモショップ

https://www.nttdocomo.co.jp/support/shop/

ソフトバンクショップ

http://www.softbank.jp/mobile/shop/

 

充電ボックス設置店で充電

充電ボックスは、スマートフォンをはじめとしたモバイル端末を、30分100円といったようにワンコインで所定時間を充電できるセルフ式充電器です。

f:id:tokukita:20150328142951j:plain

主な充電ボックスの利用方法
  1. 充電器ボックスの空きを確認(たいてい3台くらい対応)する。
  2. 空いているボックス番号を選択。
  3. ボックスカバーが開きます。
  4. 中にケーブルがあるので充電したいモバイル端末に専用コネクタを差し込む。
  5. ボックスカバーを閉じる。
  6. 100円玉を投入。
  7. 暗証番号を入力(周りから見られないように)する。
  8. 充電開始。
 充電ボックス設置店の検索

まち充ナビが便利です。セルフ式専用充電器「街角充電屋さん」を設置している様々な店舗が地図上に表示される他、店舗の詳細情報や現在地からの最短距離や行き方なども表示される便利なアプリです。ただ、GPS連動なので電池消費が激しいので注意しましょう。

Android

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.datasp.machijunavi

iPhone

https://itunes.apple.com/jp/app/id489438090?l=ja&ls=1&mt=8

 

電源コンセント設置店「電源カフェ」で充電

 充電器を持っていれば、街角にあるファーストフードやコーヒーチェーンなどに設置されている電源コンセントがある席で充電するの便利。ただ、全席に電源コンセントが設置されている訳でないので注意が必要です。

電源コンセント設置店の検索

モバイラーズオアシスが提供している「電源検索Life」では、来店客向けに電源コンセント、いわゆるお客様コンセントを貸し出しているファーストフードやコーヒーチェーンなどの店舗を地名や駅名から検索できるアプリです。

電源検索Life

Android

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.mogya.dengenkensaku.lite

関連記事

www.tokukita.jp

 

ネットカフェ・漫画喫茶で充電

インターネットカフェでは、ファーストフードやコーヒーチェーンと違い、充電器を顧客の利用サービスの一貫として、充電ケーブルを無料貸し出している場合が多いです。客席で充電器による充電する場合と、無料の充電ボックスを設置しています。

 

アットステーションで充電

10分100円でインターネットが使えるコイン式パソコンのアットステーションは、スマホ充電もできます。北海道内では設置店舗は多くありませんが、札幌駅や新千歳空港札幌周辺のホテルに設置しています。10分100円で気軽に充電しながら、インターネット利用できるパソコンも使えるのが特徴です。

アットステーション店舗検索

http://awakecomputer.biz/at-station/

関連記事

www.tokukita.jp

 

予備バッテリーを持っておくのもひとつ。

モバイルバッテリーは重量があるので持ち歩くのは負担という場合には、利用しているスマホの電池パックを満充電にして予備としてもっておくのもひとつです。モバイルバッテリーほどの重量負担も少なく、手軽にコンパクトに持てるのが特徴です。また、交換するだけですぐに満充電状態でスマホを利用できるメリットがあります。電池パックは、おおよそ1,000円から2,000円前後で購入できます。ただ、携帯する際に水濡れには注意しましょう。

掲載している情報は執筆時及び更新時での情報となります。仕様やサービス変更により最新の情報が異なる場合がございますので、事前に最新情報を確認願います。また、文章及び画像等含む全ての著作物の盗用を固く禁止致します。