読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

得北

得北(とくきた)は、道民が得する北海道の情報や節約、倹約、便利技、裏技を紹介する情報サイト。収入は同じでも支出を減らせばお金も時間も多くのゆとりに。

 

ランチパスポート旭川版Vol.2(2015年10月20日発売)で旭川市内80店舗のランチメニューが全て500円

ランチパスポート

2015年10月20日発売の旭川ランパス。旭川周辺のランチが500円=ワンコインになるパスポート。

 ランチパスポート旭川版Vol.2は、2015年10月20日発売の旭川版第2弾で、旭川中心部をはじめ、豊岡・東旭川、住吉・緑町、東光・南6、旭神・緑が丘・神楽、永山・流通団地、末広・春光 神居・忠和・江丹別にある80店舗の飲食店で通常700円~1350円相当のランチメニューを、ランチパスポートを提示するだけで税込500円、つまりワンコインになります。1冊1名限りで各店舗3回まで。利用期間は3ヶ月間限定(2015年10月20日~2016年1月29日)です。価格は1,058円(税込)です。

 [追記] こちらのランチパスポート大通は、2015年10月20日に発売されたもので、2016年5月10日に新刊「ランチパスポート旭川版2016(Vol.3)」が発売されました。

www.tokukita.jp

f:id:tokukita:20151020050819j:plain

 

ランチパスポート旭川の概要

店舗数

80店舗

掲載店舗
  • 旭川市内中心部
  • 豊岡・東旭川 住吉・緑町
  • 東光・南6
  • 旭神・緑が丘・神楽
  • 永山・流通団地
  • 末広・春光 神居・忠和・江丹別
発売日

2015年10月20日

販売エリア

旭川市・旭川周辺市町村

札幌市

販売場所

有名書店、コンビニ、キヨスク、スーパーなど

価格

1,058円(8%税込)

パスポート有効期限

2015年10月20日~2016年1月29日

 

ランチパスポート利用条件

  • 各店舗3回まで
  • 1冊につき1名限り
  • 3ヶ月間(2016年1月29日まで)

 

ランチパスポートの使い方

注文時と会計時に必ずランチパスポートを提示しましょう。ランチパスポートは、会計時もしくは注文時、食券購入時にスタンプを押してもらうシステムです。各店舗ともにスタンプ欄が3つあります。1店舗につき3回まで利用可能です。

 

ランチパスポートの注意点

1冊1名につき1名の利用。

ランチパスポートは1冊1名の利用です。複数人で1冊を共有して利用することはできません。例えば、4名でご利用の場合は4冊必要となります。1名につき1品の注文が原則です。

利用可能時間と定休日を事前確認。

店舗ごとに利用時間と曜日が異なります。店舗利用前に事前に確認しましょう。

混雑することが予想されます。

店舗によっては繁盛時間で混雑することも予想されます。提供時間が遅れたり、満席時はやむおえず入店が断られる場合があります。

対象となるメニューが売り切れの場合も。

店舗によってランチタイムにランチパスポートの対象となるメニューが売り切れになる場合もあります。店舗によって、メニュー予約できる場合もあります。また、予約が必要な場合もあります。

 

これまでに発売された北海道内のランチパスポートと過去の発売日

北海道全域
道央・札幌
道南
道央
道東

掲載している情報は執筆時及び更新時での情報となります。仕様やサービス変更により最新の情報が異なる場合がございますので、事前に最新情報を確認願います。また、文章及び画像等含む全ての著作物の盗用を固く禁止致します。