読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

得北

得北(とくきた)は、道民が得する北海道の情報や節約、倹約、便利技、裏技を紹介する情報サイト。収入は同じでも支出を減らせばお金も時間も多くのゆとりに。

 

電気カーペットは電気代節約しながら上手に活用

電気代節約・節電

北海道の冬を温める電気カーペット。使い方次第で電気代節約。

電気カーペットはストーブの加えて北海道の住宅を温めるのが電気カーペット。そんな電気カーペットは同じ使い方次第でも、広さや設定温度、断熱マットなどにより電気代を節約できます。

 

電気カーペットの設定温度を調整する。

1日5時間使用する3畳用の電気カーペットの設定温度を「強」から「中」にすることにより、年間の電気代が185.97kWh、約4090円の節約になります。

 

電気カーペットも広さで電気代が変わる。

電気カーペットにも広さがあります。使用したい部屋の間取りに合わせて購入すると思いますが、テレビを観たり、くつろいだりといつも座る場所はたいてい決まっているもの。

室温20℃の時、設定温度を「中」の状態で1日5時間使用した場合、3畳用に比べて2畳用の電気カーペットにすると、年間の電気代が89.91kWh、約1980円の節約になります。

 

電気カーペットの下に市販の断熱マットを敷く。

電気カーペットを直に床に敷くと、せっかく温まった熱が床に逃げてしまうため、暖房効果が下がります。電気カーペットの下に、ホームセンターなどで販売している断熱マットを敷くと断熱効果が高まり節電効果につながります。ダンボールを使うのもひとつです。

 

人のいる場所だけ温める電気カーペットも。

電気カーペットの中には、カーペットを分割して温める機能を持つものも。人のいる部分だけにすればその分節電になります。

掲載している情報は執筆時及び更新時での情報となります。仕様やサービス変更により最新の情報が異なる場合がございますので、事前に最新情報を確認願います。また、文章及び画像等含む全ての著作物の盗用を固く禁止致します。