読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

得北

得北(とくきた)は、道民が得する北海道の情報や節約、倹約、便利技、裏技を紹介する情報サイト。収入は同じでも支出を減らせばお金も時間も多くのゆとりに。

 

フレックストラベラー制度に協力すると航空会社から協力金・協力マイルがもらえる

飛行機・航空券

 航空会社の定期便では、一定数のキャンセルを想定し予定したいる航空機の座席数よりも多くの予約をとることがありますが、実際に搭乗手続きに来た予約客の数が使用する航空機の座席数よりも上回った際に、旅客が予約しているもの座席が不足し搭乗できない場合が発生します。

 搭乗手続きに来た予約客の数-航空機の提供座席数=不足座席数、いわゆるオーバーセールス、オーバーブッキングと言われるものです。

 航空会社はオーバーセールスが判明した時点で当該便を予約している旅客を対象にアナウンスで募集を行い、協力金と代替交通手段の提示を行い自主的に搭乗を取りやめる事のできる搭乗予定客に対し協力金または協力マイルの支払い及び代替交通手段の提供するのが「フレックストラベラー制度」です。

 協力金は、振替便等の変更が当日の場合と翌日以降になる場合で異なります。搭乗する振替便が当日の場合は、予定していた時間より到着が遅くなるものの、協力金または協力マイルがもらえるので時間に余裕がある場合にはお得な制度です。

f:id:tokukita:20160308211105j:plain

 

 

フレックストラベラー制度の概要

協力金の相場

  • 代替交通手段振替日が当日 協力金10,000円
  • 代替交通手段振替日が翌日以降 協力金20,000円

各航空会社のマイル会員・マイレージ会員の場合、協力金に代えて協力マイルの選択も可能となります。協力マイルを希望する場合は、フレックストラベラー制度申告時では遅いので、航空会社の公式サイトから事前に登録しておきましょう。

 

代替交通手段振替日が翌日以降となる場合

航空会社が提示する代替交通手段の出発日が翌日以降になった場合は、協力金に加えて宿泊費や空港と宿泊施設間の交通費などは航空会社が負担します。また、予定便が出発地の場合など宿泊手配が不要な場合には、自宅と空港間の交通費を負担してもらえます。

 

予定便の航空券払い戻し

代替交通手段の提供に代え、予定していた航空券の払い戻しをする場合は、通常必要となる所定のキャンセル手数料が免除され、航空券購入金額の全額が払い戻しされます。協力金を同様に受け取ることができます。

 

協力金の対象者

  1. 当該便の予約をしている
  2. 当該予約便の航空券を規定時間前までに購入している
  3. 出発時刻の規定時間前までに搭乗手続きカウンターで航空券を提示し、当該便の搭乗手続きを求めている

 

各航空会社のフレックストラベラー制度

ANA(全日空)

http://www.ana.co.jp/domestic/departure/service/flex-traveler.html

JAL(日本航空)

https://www.jal.co.jp/dom/info/flex.html

AIR DO(エアドゥ)

http://airdo.jp/flight/flex/index.html

SFJ(スターフライヤー)

http://www.starflyer.jp/checkin/boarding/flextraveller.html

掲載している情報は執筆時及び更新時での情報となります。仕様やサービス変更により最新の情報が異なる場合がございますので、事前に最新情報を確認願います。また、文章及び画像等含む全ての著作物の盗用を固く禁止致します。