読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

得北

得北(とくきた)は、道民が得する北海道の情報や節約、倹約、便利技、裏技を紹介する情報サイト。収入は同じでも支出を減らせばお金も時間も多くのゆとりに。

 

ドニチカで札幌市営地下鉄の土日祝は1日乗り放題

旅費・交通費節約 地下鉄

ドニチカキップは、土曜日・日曜日・祝日・年末年始で札幌の地下鉄を乗り放題できるお得な切符。

札幌駅周辺を含め市内全域をカバーする「札幌市営地下鉄」。地下鉄の乗車料金は片道1区間は200円から360円まで全部で6区間の料金区分があります。ドニチカキップは、土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)限定で大人520円(小人260円)で地下鉄が1日乗り放題になるお得な切符です。

札幌は札幌駅周辺以外にも地下鉄で行ける観光スポットが多いのでお得なドニチカキップを活用しましょう。

平日でドニチカに相当する乗り放題切符は「地下鉄専用1日乗車券」(830円)となります。

f:id:tokukita:20150424062614j:plain

 

200円区間でも3回以上乗車するだけで得。

「さっぽろ駅」から「大通駅」までの1区間でも200円の乗車料金が必要ですが、節約して歩くとなると意外と遠く感じる。。。

そんな場合でも、ドニチカキップなら、200円以上の区間を3回乗車するだけで80円得できます。ドニチカキップがあれば、札幌駅周辺で買物、大通公園で食事、中島公園で散策など、1駅でも気軽に使えるのは嬉しいところ。

 

290円区間なら往復乗車で得。

290円区間は往復乗車する場合は普通に切符を購入して乗車するよりドニチカキップの方が断然お得です。

 

 290円×往復=580円 → ドニチカキップ(520円)のほうが60円お得。

 

例えば、

「大通駅」から「真駒内駅」、「宮の沢駅」、「南郷18丁目駅」、「大谷地駅」、「新さっぽろ駅」、「栄町駅」などへ行く場合は往復するだけで元が取れる計算です。

f:id:tokukita:20141010212859j:plain

大通駅の料金表

 

ドニチカキップの発売場所

ドニチカキップは、札幌市営地下鉄駅の券売機をはじめ、各地下鉄駅事務室、各定期券発売所で購入することができます。

f:id:tokukita:20141027162528j:plain

 

券売機でのドニチカ購入方法

f:id:tokukita:20141010212444j:plain

画面左にある「一日乗車券・ドニチカキップ」の欄を選択すると、画面に内容と注意書きが出ます。

f:id:tokukita:20141010212604j:plain

ドニチカキップを選択すると投入金額画面が出ます。あとは、520円を入れるだけです。ドニチカキップは、現金支払いのみで電子マネーの「SAPICA」や「Kitaca」では購入できません。

 

ドニチカの発売金額

  • 大人520円
  • 小人260円

 

ドチニカの利用可能日

  • 土曜日
  • 日曜日
  • 祝日
  • 年末年始(12月29日から1月3日)

 

ドニチカの販売日

年中購入可能です。

 

ドニチカの使用期限・利用期限

ドニチカの使用期限は特にありません。改札機に通さなければ(例えばドニチカを購入したのにSAPICAで改札を通してしまったなど)、次の土曜日・日曜日・祝日でも利用可能です。

例:2015年1月17日(土)に購入したドニチカを購入して、使わなかった(改札機に通さなかった)場合は、翌日曜日、翌月の土日祝などそのまま利用できます。

 

ドチニカの値上げ

2014年10月1日に札幌市営地下鉄運賃改定に伴い大人500円から520円へ価格変更。

 

ドニチカの使い方

ドニチカを改札に入れる際には、上下の向きはどちらでも構いませんが、裏面(黒)だと、改札機でエラーになります。

 

ドニチカキップの注意点

  • 払い戻しは未使用のものに限る。
  • 他の乗車券とは交換できない。
  • 市電やバスへの乗継割引は適用されない。

 

関連記事

www.tokukita.jp

 

追記事項

2015/1/19 ドニチカの発売金額、利用可能日、使用期限・利用期限を追加させて頂きました。

2015/4/24 「ドニチカの販売日」を追加させて頂きました。

掲載している情報は執筆時及び更新時での情報となります。仕様やサービス変更により最新の情報が異なる場合がございますので、事前に最新情報を確認願います。また、文章及び画像等含む全ての著作物の盗用を固く禁止致します。